30代の転職は年齢の前半と後半で大きく変わる!

30代の転職は年齢の前半と後半で大きく変わる!

 

年代によって大きく変わるものがある

30代の転職は20代とは大きく変わります。

 

年齢が前半と後半とでも企業が求めるものも違ってきます。

 

30代で転職を考えた時に注意すべてポイントを現役キャリアコンサルタントがお話します。

 

1.30代前半とは34歳まで

34歳以下は厚生労働省の定義で「若年者」としてさまざまな公共のサービスを受けられます。

 

ただ、20代とは違って、大卒の場合は「10年選手」となりますから、
当然ながら「即戦力」としての能力を期待されます。

 

初めての転職となる場合、今までの経験で培ってきたもの、
営業ならば営業としてのスキル、技術者ならば技術者としてのスキルが問われます。

 

企業が10年選手を募集対象とした時に最も人材に求めるものは何かというと
以下の2点です。

 

・プレーヤーとしての能力(即戦力性)
・数年後にリーダーとして活躍できるかという将来性

 

残念ながら30代前半の「業界・職種未経験」という採用はほとんどないと言ってもいいでしょう。

 

未経験分野にチャレンジする場合はかなり厳しいと考えてください。

 

30代前半の人材を募集する企業は数多くあります。

 

転職サイト、転職エージェントは必ず活用しましょう。

 

特に初めての転職の方は、職務経歴書の書き方、
求人市場について、求人の見方など
転職に関するあらゆるアドバイスをエージェントで受けるべきです。

 

新卒の就活と転職は全く別物です。

 

もし、少しでもマネジメント経験があればさらに強みとなります。

 

そして、30代前半は後半に向けて大きくキャリアアップができるチャンスです。

 

年収UPも夢ではありません。

 

慎重かつ冷静に転職活動を行いましょう。

 

2.35歳~39歳の人材に求められるもの

35歳~30歳という30代後半の人材に求められるのは、
幹部候補としての素質やマネジメントスキルです。

 

企業規模によって役職は変わりますが、10年以上のキャリアがあれば、求められるのは管理職としての能力です。

 

いちプレーヤーとしてのスキルではありません。

 

今までの経験で身に付けたスキルはもとより、アピールできる実績やマネージャーとして何をやってきたかがアピールポイントとなります。

 

30代後半の年齢になると、未経験分野へのチャレンジは30代前半以上にハードルが高くなります。

 

ただ、人事や財務、経理など管理部門の場合は、異業界への転職は可能です。

 

エグゼクティブの転職は、これまでの実績とキャリアがあれば年収UPにつながる可能性は大きいでしょう。

 

また、課長以上の役職者の転職は、転職サイトの活用も悪くありませんが、より社風や待遇面が詳細に分かるエージェントの利用がおススメです。

 

30代後半で職歴が3社以上、マネジメント経験なし、直近の職歴が短く、離職期間が長い。
といった方の場合、非常に厳しい転職になります。

 

正社員にこだわらず、契約社員や派遣社員など、雇用形態や勤務条件を緩めて求職活動を行いましょう。