転職エージェントを利用して転職を成功できる人の3つの特徴

転職エージェントを利用して転職を成功できる人の3つの特徴

 

転職エージェントをどう活かすかが重要

転職エージェントを上手に利用して、より良い転職ができる人たちには共通の特徴があります。

 

それは決して経歴が素晴らしい、ということではありません。

 

どんな特徴があるのでしょう。

 

元エージェントの筆者がお答えします。

 

1.ビジネスマンとしての基本的マナー

ごくごく当たり前のことです。

 

時間や約束を守り、レスポンスが早い、報・連・相ができているなど、
基本的なビジネスマナーが備わっているということです。

 

転職エージェントは企業に人材を紹介するのですから、
いちビジネスマンとして基本的マナーが備わっていることは最低条件であるのが当たり前。

 

でもそれだけではありません。

 

複数の転職エージェントに登録することは問題ありませんが、
他社の応募状況の進捗は必ず報告する必要があります。

 

他社からの紹介や自主応募での進行状況も報告が必要です。

 

報告することによってエージェントから応募先の情報を得ることもできますし、
また、他社の進行状況によっては応募先への戦略を変えることもあります。

 

【事例】エージェントとのコミュニケーションの大切さ

Dさんは
Aエージェントから応募したB社で内定をもらいましたが
Cエージェントで応募しているD社が第一希望でした。

 

しかし、D社の結果がまだ出ていません。

 

Cエージェントの担当にその旨を相談しました。

 

実はD社もDさんと別の候補で迷っていました。

 

CエージェントはD社人事に
Dさんの他社内定をうまく伝えることによってDさんへの内定を促し、
Dさんは第一希望のD社に入社することができました。

 

難しいことではありません。

 

基本的なビジネスマナーを守ることで、エージェントはあなたの転職をプラスに導いてくれるのです。

 

2.誠実で正直であること

経歴、退職理由など正直に話しましょう。

 

いいにくいこともあるかもしれませんが、
包み隠さず話すことで様々なヒントを与えてもらえます。

 

転職活動をサポートする側からすれば

 

「それを最初に聞いていたら、もっと違ったサポートができたのに……」
と思うことが多々あります。

 

どうしても初対面では言いづらいことがあるかもしれません。

 

信頼関係ができてからでも構わないのですが、
応募先を決めて、いざ推薦してしまったら、
どんどん先に進んでしまいます。

 

できれば……

 

応募先を決めるまでに、現在の仕事で抱える問題や家庭の事情などの転職に関わることは話してみましょう。

 

特にプライベートに関することは

 

「いつか聞いてくれたら話そう……」

 

と思う方が多いのですが、

 

基本的にプライベートに関する質問はしません。

 

ご本人からお話頂かないと分かりません。

 

転職に不利になりそうなことを隠す方もおられます。

 

不利になるかどうかはエージェントが判断します。

 

もし、仮に不利になりそうなことであれば、できるだけ有利に動くように考えます。

 

誠実に、正直に。

 

そんな人材を企業も求めています。

 

3.自分で考え、判断することができる

経験値や実績からキャリアコンサルタントは、あらゆるアドバイスやサポートを行います。

 

その言葉を素直に聞きいれることも大切ですが、聞きいれた上で、

 

「自分で考え、判断する」
ということが大切です。

 

複数のエージェントに登録すると、まったく違ったアドバイスを受けることもあります。

 

言われる度にふらふらと揺れていては、転職活動は前に進みません。

 

転職は最終的に自分自身で決断しなければいけません。

 

A社とB社で内定を同時にもらった場合アナタならどうしますか?

当然ながらどちらにするかは本人が決定します。

 

決定するための助言はもらえます。

 

判断材料も提供してもらえます。

 

それらの助言や判断材料をもとに、
自分がやりたいこと、希望がかなえられるのはどちらなのかを決断します。

 

決断していくためにも、
応募した段階で、応募先企業の情報収集は自分自身でも行っていきましょう。

 

エージェントに登録したからといってエージェントにまかせっきり、
待ちの状態では良い転職はできません。