経理事務にチャレンジ!未経験からキャリアアップする方法

経理事務にチャレンジ!未経験からキャリアアップする方法

未経験でも経理事務に転職できる!

長く安定して働ける仕事として人気の経理事務。

 

未経験で経理事務に就くのは簡単ではありませんが、
少しずつキャリアアップしていくことは可能です。

 

では、どうやって
キャリアアップしていけば良いでしょうか。
経理事務のスペシャリストを目指す方法をお教えします。

 

1.経理業務を含む一般事務から始める

未経験から経理事務にチャレンジする場合、
正社員で「経理事務」で探すと
たとえ日商簿記2級を取得していても未経験者OKの求人は決して多くありません。

 

さらに、「正社員」「経理事務」にこだわりすぎてしまうと
転職活動がかなり長引いてしまいます。

 

では、どうすればいいか。

 

少しでも経理の実務経験を積んでいくことから始めます。

 

雇用形態や職種名にこだわるのではなく、
業種、企業規模、仕事内容にこだわってみましょう。

 

原価計算が含まれるメーカーで、
経理業務全体の流れが分かる部署の規模で
少しでも経理業務に携わるスタッフから始めてみる。

 

または、
小規模企業で一般事務業務の中に
小口現金管理、請求書発行、売掛や買掛、会計ソフトへの入力が含まれる仕事など。

 

契約社員や派遣社員からのスタートでも
経理業務の一部だけでも経験を積むことから始めてみましょう。

 

2.Excelスキルは必須

経理業務の実務経験を少しずつ積んでいきながら
同時に高めていかなければいけないのが
Excelのスキルです。

 

日商簿記の資格はもちろん、
Excelが上級クラスであれば、強みになります。

 

経理として使用するソフトが会計ソフトでも
資料作成に必要なのがExcel。

 

最低でも中級クラスである必要があります。

 

経理事務のスペシャリストを目指すなら、
Excelのスキルアップは欠かせません。

 

3.年次決算・連結決算を目標にする

年次決算業務に携わることができれば
経理のスペシャリストといえるでしょう。

 

決算業務に携わるということは
その会社の財務に深く関わるということです。

 

経理としての実務経験や知識はもちろん、
会社から信頼を得ていないと携わることはできません。

 

決算書の作成、
財務諸表などの資料作成、
減価償却など

 

経理事務としてハイクラスの業務となります。

 

また、連結決算を経験することができれば
大きな強みとなるでしょう。

 

年次決算や連結決算に携わることを目標に着実にステップアップすることが
経理事務としてのキャリアアップにつながります。

 

◎未経験からスタート

ステップ1.小口現金管理、請求書発行、経費精算、売掛・買掛

 

ステップ2.手形・小切手管理、預金管理、売上伝票作成、月次決算補助業務

 

ステップ3.月次決算

 

ステップ4.年次決算、連結決算

 

年次決算までを経験していれば、
経理事務のスペシャリストとして
安定して長く働くことができます。

 

さらに経理事務としてのキャリアに加えて、
新人や部下の指導・育成に携わり、
マネジメントスキルを磨けば、さらに強みとなります。