目指せ円満退職!2ヵ月前から始める退職手続き

目指せ円満退職!2ヶ月前から始める退職手続き

円満退職のために大切なこと

転職する前に大切ことがひとつ。

 

在籍している会社を円満退職すること。

 

転職先が決まったからといって
お世話になった会社をないがしろに考えてはいけません。

 

「立つ鳥跡を濁さず」

 

円満退職に大切なことをお話します。

 

1.円満退職の秘訣はスケジュール作成

円満退職の秘訣は退職日までのスケジュールを
しっかり立てることです。

 

一般的には退職日の2ヵ月前くらいから準備を始めます。

 

退職の意思表示に始まり、退職日まで
いつ、何をしなければいけないかの
スケジュール表を作成します。

 

上司に退職の意思表示をする時は
タイミングを見て、慎重に話をしなければいけません。

 

退職交渉がこじれてしまうとスムーズな退職ができません。

 

◎スケジュール作成のポイント

  • 2ヵ月前に退職の意思表示をする
  • 1ヵ月前

 

2.引き継ぎはモレのないように

退職までのスケジュールの大半をしめるのが「引き継ぎ業務」です。

 

この「引き継ぎ業務」をモレなくすれば、
円満退職は限りなく近づいてきます。

 

引き継ぎ担当者と綿密に打ち合わせを行い、
スケジュールを立てて
資料やデータを引き継いでいきます。

 

営業の場合は、取引先へのアポイントを取り
挨拶まわりの予定を立てていきます。

 

引き継ぎや挨拶まわりのチェックリストを
作成してから行うのがよいでしょう。

 

引き継ぎチェックリストは
いつ、誰に、何を引き継いだか、
引き継ぎをした担当者の押印があるとよりいいでしょう。

 

退職後に引き継ぎのモレがあると
在籍者に迷惑をかけるのはもちろん、
転職してからも問い合わせの連絡を受けることになります。

 

3.最終チェックをお忘れなく

退職日当日にあわててバタバタしないように
10日くらい前には、引き継ぎのモレも含めて最終チェックをしましょう。

 

退職後に必要な書類の手続きは済んだか、
会社に返却しなければ行けないもので紛失しているものはないか、

 

ここで忘れがちなチェックがあります。
それが、パソコンのデータチェックです。

 

会社毎でパソコン管理のルールが違うので
ルールを確認した上で
データの整理を行いましょう。

 

ロッカールームやキャビネットに私物がある方は
少しずつ持ちかえり、
退職日当日はきれいにしておきましょう。

 

返却物や必要書類に関しても
チェックリストを作っておくと便利です。

 

気持ちよく新しい職場でスタートできるように
円満退職を目指しましょう。

 

円満退職が転職成功の最後のステップです。

 

効率良く転職活動をすすめて転職を成功に導くためにも
転職サイトや転職エージェントの利用をおすすめします。