スキルオーバーでミスマッチ!?事例から学ぶ成功の秘訣

スキルオーバーでミスマッチ!?事例から学ぶ成功の秘訣

 

資格があれば何とかなる?

資格や経験があれば転職は成功できる!

 

そう考える人は少なくありません。

 

しかし、場合によってはスキルがあり過ぎるがゆえに、ミスマッチとなり再転職となる方も少なくありません。

 

事例をもとに成功の秘訣をお話しましょう。

 

1.女性Dさん(50代)成功事例

大学を卒業後、税理士事務所で補助として長年にわたって勤務。

 

しかし、事務所閉鎖にともなって転職されました。

 

・日商簿記2級
・税理士試験科目合格

 

すでに上記の資格は取得済み。

 

まずは一般企業の経理を経験しようと派遣に登録。

 

派遣社員で経理事務としてキャリアを重ね、
派遣先から正社員にと誘いを受けてそのまま正社員になりました。

 

建設業だったため、建設業経理士を取得。

 

順調にキャリアを重ねていましたが、上司が交替、新しい上司との折り合いが悪くなり別会社に異動することとなり、転職を決意しました。

 

経理事務としては充分なスキルとキャリアがあるDさんですが、
年齢的に求人はかなり数が限られてしまうため、
ある程度許容範囲である条件の求人に応募していきました。

 

女性の経理事務を募集する企業では、管理職はすでに配置されている場合がほとんどです。

 

「経理事務」の募集であっても、経理経験が少しあればできるという求人も少なくありません。

 

Dさんも当初はかなり苦戦しました。

 

書類選考で不採用の山を築き、ようやく面接までたどり着いたとしても、
「スキルが高すぎる」という結果になっていました。

 

最終的に、転職求人サイトで応募した企業で採用となりました。

 

かなり歴史のある企業で、管理部門の社員の平均年齢が高かったため、
Dさんの年齢やキャリアがマッチしたのです。

 

2.事例にみる成功の秘訣

Dさんが成功できた秘訣は

 

・作りこんだ職務経歴書
(プロのキャリアコンサルタントが添削、指導)
・ハローワーク、転職求人サイト、転職エージェントを利用
・キャリアコンサルタントにアドバイスをもらった

 

現職の給与と同額を望むことは難しいと冷静に考え、希望条件を緩和したことも成功の秘訣です。

 

でも想定外だったのは、「スキルが高すぎる」といわれたこと。

 

もし、その企業がそういった判断を下さず採用していたら……

 

きっとミスマッチで、また転職しなければいけない状況になっていたでしょう。

 

今までやってきた仕事内容よりも、グッとハードルを下げてしまうということは多くのやりがいを失ってしまうことになります。

 

いくら生活のためだといっても、必ず満足できない状態になるでしょう。

 

自分の中で折り合いがつけられる着地点を見つけましょう。

 

資格、スキルがあれば転職は成功する訳ではありません。

 

どんな人材を求めているのか、どんなスキルがあればマッチするのか、
求人を慎重かつ冷静に見ていくことが大切です。