【未経験・20代男性】経理事務への失敗しない転職

【未経験・20代男性】経理事務への失敗しない転職

未経験から経理事務へ転職したい!

20代男性で未経験で経理事務に転職したい方へ。

 

資格は取得した方がいい?
転職サイトか転職エージェントなのか、

 

どんな人材が求められているのか、

 

転職を失敗しないための3つのポイントをお教えします。

 

1.20代男性に求められるもの

企業が若手の経理事務を募集した場合、何を求めているか。

 

特に20代の男性をターゲットと考えている場合は
10年後に管理職として部署の中核を担える人材を求めています。

 

経理のルーチンワークだけのスキルがあれば良いのではなく、
入社してから5年後、10年後の目標を持っているかどうか。

 

経理としてキャリアアップ、スキルアップを望んでいるか。

 

どんな経理を目指したいと思っているか。

 

どうして経理事務になりたいと思ったか。

 

これらのことを明確に答えられなければいけません。

 

「経理事務に興味があるから」
「数字が好きだから」
「前職が向いていないと思ったから」

 

こういった転職理由では転職は成功できません。

 

会社の大切なお金を管理する経理だけに
信頼がおける人材を採用したいと企業は考えています。

 

いい加減な気持ちでいると不採用の山を築くことになります。

 

2.資格がある方が有利?

未経験で経理事務に応募する場合、
資格は合った方が有利かどうか。

 

答えは「yes」です。

 

最低でも日商簿記3級はあった方が良いでしょう。
できれば、2級を取得していたいものです。

 

どうしても資格取得をする時間がない場合
現在、資格取得を目指して勉強していることは
履歴書に「○月に日商簿記2級受験予定」と記載してアピールしましょう。

 

独学で経理で使用する専門用語は勉強しておきましょう。

 

簿記の資格に加えて、必要とされるのがパソコンスキルです。
実務で使用したことがなくても
メジャーとされる会計ソフトの種類、それぞれの特徴くらいは知っていた方がよいでしょう。

 

Excelのスキルは中級以上を求められます。

 

現職で使用していなくてもMOSなどを事前に受験し、
どの程度のスキルがあるかを客観的に示せるようにしておきましょう。

 

資格があれば、転職を成功することができるか、というと
もちろん、それだけで採用につながる訳ではありません。

 

明確な転職理由があってこそ、
魅力的な人材として採用につながるのだと考えてください。

 

また、前職で何を身につけたのか。
経理事務との接点になるモノを見つけて強みにしましょう。

 

例えば、営業職だった場合
コミュニケーションスキルや数字管理のスキルなど。

 

3.効率の良い仕事の探し方

経理事務の募集は一般事務に近い簡単な経理事務から
将来の管理職候補として募集しているものまで、幅広くあります。

 

長期的なキャリア形成を考えるなら
もちろん、後者に応募するべき。

 

では、その求人をどうやって見つけたらよいのでしょう。

 

経理は会社のお金を扱う重要なポジションです。
その中で将来の管理職候補となれば、
力を入れて採用活動を行うでしょう。

 

採用費用がかかっても優秀な人材を採用したいと考えます。

 

多くの応募を短期間に集める転職サイトへの掲載、
確実にターゲットを採用できる転職エージェントへの求人依頼

 

この2つの方法が有力な採用ツールとなります。

 

経理事務に応募したいと考えるなら
まずは第一に転職エージェントへの登録が必須。

 

多くの求人が集まる総合型の大手エージェントである
リクルートキャリア(旧リクルートエージェント)や
パーソルキャリア(旧インテリジェンス)
JACリクルートメント など

 

そして、管理部門の職種に強い
MS-Japan(エムエスジャパン)ははずせません。

 

効率よく、良い求人に出会う方法を選びましょう。