転職エージェント活用の魅力!キャリコンとキャリアの宝を見つけよう

転職エージェント活用の魅力!キャリコンとキャリアの宝を見つけよう

キャリアコンサルタントに相談してみよう

転職エージェントの最大の魅力は
キャリアコンサルタントの力を借りられるところ。

 

この「キャリアコンサルタント」とは
一体どんな人たちなのでしょう。

 

元エージェントの現役キャリアコンサルタントが
キャリアコンサルタントについてご説明します。

 

1.キャリアコンサルタントとは

リクルートキャリア(旧リクルートエージェント)、
パーそるキャリア(旧インテリジェンス)、JACリクルートメントなど
大手転職エージェントでは企業を担当する「営業」と
求職者と面談し、求人を紹介する「キャリアコンサルタント」がいます。
(会社によって呼称が違う場合があります)

 

キャリアコンサルタントは面談で求職者の経歴や希望条件をヒアリングし、
求人とマッチングを行っていきます。

 

経歴のヒアリングでは「今までどんなことをやってきたか」
ということだけではなく、
その時々にどう感じたか、ということもヒアリングします。

 

職務経歴書の字面だけを見るのではなく、
そこには書けなかったことも聞いていくことによって
仕事に対する考え方や思いも拾っていくのです。

 

基本的には転職に必要な事柄以外はヒアリングしませんが
転職理由の背景となる要因がプライベートに及んだ場合、
個人的な相談にも対応することがあります。

 

ベテランのキャリアコンサルタントとなると
様々なイレギュラーなケースも扱っています。

 

そういった経験を蓄積していることで
企業からの信頼も厚く、
ムリな調整にも「○○さんのお願いなら」と聞いてもらえることがあります。

 

大手エージェントの場合、取り扱う求人も幅広く
広く深く業界知識や職種に関する知識も備えているのです。

 

2.転職エージェントであることのメリット

「キャリアコンサルタント」と名乗る人の中には
公共施設であるハローワークやジョブカフェなどにも存在します。

 

彼らと転職エージェントのキャリアコンサルタントとの違いは

  • エージェントは企業の採用担当者と常にやりとりをしている
  • あらゆる業種、職種に精通している

点と言えるでしょう。

 

例えば、職務経歴書の添削や面接対策も
一般的なアドバイスではなく、
企業ごとにピンポイントで行うことができます。

 

採用担当者や経営者の面接での傾向も知り尽くしているのです。

 

多くの採用実績を持つ大手転職エージェントの場合、
エージェントを通して採用された方が
採用担当者ということもめずらしくありません。

 

より濃度の濃い採用に関する情報を得ることができるのです。

 

3.「キャリアの宝」が見つかる

真面目な人柄、技術者としての技量が申し分ないという人の中に
口下手で自分をアピールすることが極端に苦手な方がいます。

 

書類選考は通過しても面接でうまくいかない……

 

そういった方に対して模擬面接をするのはもちろん、
様々な方法で強みやアピールできる部分を引き出していきます。

 

学生時代に書いたデザイン画、
今までのキャリアと全く関係ない趣味……
思いもしない方向性から「宝」を発見し、転職の糧にしていきます。

 

それらは元々はあなたが持っていたもの。

 

ただ、それを転職の糧にできるのは
客観的かつ長年の経験の目で見ることができる
キャリアコンサルタントのサポートがあるからこそ。

 

頭で考えても前に進めないのが転職です。

 

もちろん、「キャリアの宝」を見つけるには
発想力、コンサルティング力、マッチングスキルが必要です。

 

担当するキャリアコンサルタントに
それらのスキルがあるか見極めることも大切。

 

二人三脚で歩む信頼できるキャリアコンサルタントを
味方につけて転職を成功に導きましょう。