こんなキャリアの人がイイ!転職エージェントに人気の経歴とは?

こんなキャリアの人がイイ!転職エージェントに人気の経歴とは?

 

転職エージェントからの見られ方

大手転職エージェントに登録すれば、
自分でも驚くほどたくさんの求人を紹介してもらった!という人は決して少なくありません。

 

では、それは一体どういう人なのでしょう。

 

元エージェントのキャリアコンサルタントが、転職エージェントに人気のキャリアについてお話します。

 

1.大卒キャリア3年目から10年目まで

転職エージェントで圧倒的に求人が多いのは、大卒でキャリア10年目までの32歳くらいまで。

 

この年齢層は転職の成功率も非常に高いといえるでしょう。

 

どの企業も3年ほど社会人経験があり、すでにビジネスマナーを身につけており、
次の目標を明確に持って転職を目指す人を採用したいと考えています。

 

のびしろもまだまだ充分期待できる年齢でもあり、
あらためてビジネスのいろはから教える必要もないところも非常に魅力的でもある訳です。

 

企業が採用したい年齢層=エージェントも欲しい人材

 

ただし、異業界・異職種への転職の場合は、若ければ若いほどチャンスは広がります。

 

2.職歴が少ない

企業によっては職歴の数を指定することがあります。

 

「多くても2社まで」
という企業が多いのが現実です。

 

ただし、人柄や経験内容、退職理由によっては、職歴が3社でも紹介することがあります。

 

その判断はキャリアコンサルタント次第なのです。

 

また、その転職エージェントと企業との信頼関係の密度にもよるでしょう。

 

エージェントやコンサルタントとしての実績が長ければ長いほど、企業との太いパイプは持っています。

 

多くの紹介実績、採用実績があれば、企業もそのコンサルタントを絶対的に信頼します。

 

「○○さんがそこまでいうなら一度書類を送ってください」

 

募集条件に少し合わなくても、コンサルタントがひと押しすると、そういう人事も少なくありません。

 

これはエージェントを介するメリットのひとつでもあります。

 

3.なんといっても人柄

もちろん学歴、経験、年齢でエージェントで好まれるということがありますが、
なんといっても最も重要なのは「人柄」です。

 

誠実で正直あること、転職に対して前向きかつ意欲的であること、
基本的なビジネスマナーが守れること。

 

そして、不採用となった場合でも何がよくなかったのかを自らも考えて改善していくことができる人。

 

不採用結果を受けてもまた次に向けて共にがんばっていける人は、
エージェントが力を注ぎたいと感じます。

 

基本的にはどの登録者に対しても、平均的にサービス提供をします。

 

しかし、応援したいと思う人に対しては、自然とコミュニケーション量が増えます。

 

先ほどの職歴の例にもあるように、コンサルタント次第で運命が左右することもあります。

 

納得のできる転職をするなら、コンサルタントとの信頼関係をしっかり築きましょう。