転職を成功させるネットの上手な使い方

転職を成功させるネットの上手な使い方

ネットをどこまで活用できるかがカギ!

転職サイト、エージェントサイト、企業情報、ブログやSNS……

 

インターネットの普及により、転職活動に関する情報も
容易に入手することができるようになりました。

 

プラスイメージの情報もあれば
もちろんマイナスイメージの情報もあります。

 

転職活動でのネットの上手な使い方を紹介します!

 

1.情報の真偽を見極めましょう

応募しようと思う企業名をネットで検索して
“○○株式会社 ブラック”
とでるとついクリックして見てしまいますよね。

 

その気持ちはよく分かります。

 

もちろん、転職活動をする上で
応募先企業についてネットを活用し、
情報収集をすることは必要不可欠なことです。

 

しかし、当然ながらネガティブな情報も出てくることは少なくありません。

 

問題はそのネガティブな情報を見て
あなたがどう判断するかです。

 

ネットに流れている情報のすべてが正しい情報とは限りません。
特に注意しなければいけないのは口コミ。

 

口コミも貴重な情報源のひとつでもありますが
あくまでも書き込みをした方の主観であったり、
また本当にその人が体験したことかどうかも不明です。

 

たったひとつのネット情報だけを信じ込まずに
いくつかの情報を閲覧し、情報の裏どりを行いましょう。

 

企業の経営状況などもネットだけではなく、
エージェントのキャリアコンサルタントからの情報や
業界紙、新聞なども参考にすると良いでしょう。

 

2.SNS、ブログ「天国」と「地獄」

転職活動でネットを使用するのは情報収集だけではありません。

 

落とし穴になりがちなのがSNSやブログです。

 

友だちにしか公開していないから大丈夫と思って
“○○株式会社の面接行ったぁ~~ ちょ~~いけてたよ~~ん”
なんてかる~~いノリで書き込んだら後でとんでもないことになります。

 

実際、私のクライアントで
ブログに転職活動のことを書き込み、たまたまそのブログを
応募先企業の社員が見て、不採用になったケースもあります。

 

世の中はあなたが思っているよりずっと狭い……

 

どこにどう情報が流れていくかは分かりません。
一度情報が流れてしまうとそのイメージを払拭するのはムリです。

 

逆に書いていたブログの内容が秀逸で
その発想力や文章力が決め手となり採用となった方もいます。

 

ただ、それは本当にごくまれなケースです。

 

SNSやブログに現職のことや転職活動のことを書き込むのは
避けるべきでしょう。

 

3.最後に信じるのは「自分」

ネット情報を見て、真偽を見極めることも大切ですが
その情報が自分にとって

 

「プラス」なのか「マイナス」なのかを
最終的に判断するのは自分自身です。

 

例えば
応募しようと思っている企業の営業について

 

「インセンティブは多いけど目標が高すぎてキツイ!」
という口コミを見て

 

「インセンティブがもらえるなら目標は高くてもいい」と考える人もいれば
「すぐに達成できる目標よりも高い目標の方がやりがいがある」
と感じる人もいます。

 

でもよく考えてみてください。
この口コミだけではどれくらいの目標なのか、
その目標は担当している顧客から考えると達成するのが困難なのか
人によっては容易なのかなど、具体的なことが何も見えません。

 

書いてある情報を冷静に慎重に読み取ってから
転職活動に役立てる、それが転職を成功させるための
ネットの上手な使い方なのです。