効率良く目的地にたどり着く転職活動の歩き方

効率良く目的地にたどり着く転職活動の歩き方

転職活動は準備が一番重要!

予期せぬ環境の変化や何かをきっかけに転職を考えた時
できるだけ早く次の仕事に就きたいと思うのは当然です。

 

でも、ちょっと待って!
焦ってはダメ!

 

転職活動で最も重要なのは転職活動に入る前の準備なのです。

 

1.“何でもいいから”は落とし穴

今の会社に不満があるから、
失業期間が長くなるのは嫌だから……

 

計画的に転職する場合とは違って
転職せざるをえない状況になった時に
“どんな仕事でもいいから、何でもいいから”という方がいらっしゃいます。

 

しかし“何でもいい”という考え方で転職活動を行っても
方向性は定まらず、志望動機も明確になりません。

 

それでは応募しても採用にはなかなか辿り着けなくなってしまいます。

 

どの企業も熱意や思いがある人材を採用したいと思っています。

 

とにかく頭数だけ揃えばいい、なんて考えで
採用している企業に入社したいと思う人はいません。

 

逆に
“何でもいい”という考えの人を採用したいと思う企業はありません。

 

無収入の期間をつくりたくない、とにかく早く仕事がしたい、
という焦る気持ちは分かりますが
転職はあなたのこれからの人生を大きく左右します。

 

どんな業界、職種に転職するのか、
職務経歴書は充分見直しをして作りこんだか、
転職サイトやエージェントのリサーチはできたか、

 

目標や目的は定めたか。

 

方向性を明確にし、目標や目的に向けて
慎重かつ着実に転職活動を行いましょう。

 

2.給与だけで仕事を選んではダメ

転職するなら仕事内容や業種、会社規模より何よりも
とにかく給与がよければイイ!

 

転職サイトの検索も
給与条件だけで仕事を選びをしてはいけません。

 

もちろん、年収UPが目的で転職する場合もあります。

 

ただし、その場合は今までのキャリアを活かして
さらに高みを目指すキャリアアップのケースで、
目的や目標など目指すべきものが明確なのです。

 

志望動機で“高収入だから”では
面接を突破することはなかなかできません。

 

収入プラスアルファ、
その仕事にどんな面白味を感じるのか。
どうキャリアアップしようと考えているのか。
応募する前にそれらを整理し、志望動機をかためましょう。

 

収入はとても大切な転職条件のひとつではありますが
それだけではなく、
仕事内容をしっかり見極めて転職活動を行うことが
転職活動を効率よく行う秘訣です。

 

3.“自分”という人間を理解する

働くということに何を望みますか?

 

あなたが仕事をするのはなぜですか?

 

あなたは今までの仕事でどんな事に喜びややりがいを感じましたか?

 

仕事に対する価値観は人それぞれ違います。

 

人から見れば辛いと思う仕事でもやりがいを感じる人もいます。
人から見ればつまらないと思う仕事でも楽しいと感じる人もいます。

 

ゼロからモノを作ることが好きな人、
同じ作業を根気よく繰り返すことが好きな人、
数字を見て分析することが好きな人……

 

今までの仕事であなたがどんな時にどう感じたか、
転職活動を始める前に
一度振り返ってみましょう。

 

そして自分で自分という人間がどんな人間なのかを理解しましょう。

 

あなたの強み、そして課題となること。
これから目指そうとする業界や職種にPRできることは何か。
足りないものは何か。
足りないものがあれば、どうやって補うのか。

 

転職活動前に自己分析を行い、自己理解を深めることで
より明確なキャリアプランを描くことができるのです。

 

そして、それが効率良く目的地に辿り着く第一歩となるのです。