意外と知らない適職に出あう8つの仕事の探し方

意外と知らない適職に出あう8つの仕事の探し方

あなたにも適職がある

転職したい、転職しようと決めたのはいいけれど
どうやって仕事を探したら良いのか、
何から手をつけたらいいのか……

 

求人を検索しても情報が多すぎて分からない!

 

そんなあなたに適職に出会う
仕事の探し方をお教えします。

 

1.エグゼクティブ層におススメ「ヘッドハンティング」

ある程度のキャリアがあり、相当の年収がある方で
現在の会社での地位が高ければ高いほど
転職エージェントだけを利用するよりも
ヘッドハンティング会社も利用した方が
より効率よく、転職を成功させることができます。

 

人気のあるヘッドハンティング会社は
・ビズリーチ
・クライス&カンパニー
・キャリアカーバー など

 

それぞれの会社の登録できる目安やメリットが違うので
比較サイトなどを参考にしてみましょう。

 

2.二人三脚て転職を成功へ「エージェント(人材紹介会社)」

社会人経験3年以上で27歳くらいまで、
または職歴が少ない、
特殊な技術分野でキャリアを積んできた、といった方は
転職エージェントを利用するメリットは大いにあります。

 

転職のプロであるキャリアコンサルタントが
職務経歴書の添削や面接のアドバイスを行ってくれます。

 

3.各社の特徴で使い分け「求人・転職サイト」

マイナビ転職やリクナビNEXTなど大手の求人・転職サイトから
専門の業界や分野に強いサイトまで

 

数多くの求人・転職サイトがありますが
膨大な情報から自分の希望する求人に辿り着くためには
まず自分の希望条件を整理し、効率よく検索していくことが大切です。

 

また、ほとんどのサイトが登録レジュメを使用して応募するため
レジュメの作りこみも重要となります。

 

それぞれのサイトの特徴も知っておきましょう。

 

4.女性にとって強い味方「紹介予定派遣」

もちろん、男性にとっても強い味方ではありますが
いきなり入社するということを不安に感じやすい女性にとっては
6ヵ月未満の派遣期間でクッションを置けるのは嬉しいですね。

 

「本当に正社員になれるの?」

 

という不安を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが
紹介予定派遣で正社員になる確率はほぼ100%に近いと言われています。

 

派遣専用サイトでまずは紹介予定派遣を検索してみましょう。

 

5.誰でも無料で利用できる「ハローワーク」

職務経歴書の書き方セミナー、面接対策セミナーや
職業相談などが無料で受けられるほか、

 

パソコンやネイル、アロマテラピー、CAD、
WEBデザインなどのスキルアップのための職業訓練も
テキスト代程度で受けることができます。

 

もちろん、求人検索もOK!

 

ほとんどの企業がネット掲載しているので
自宅のパソコンで検索することもできます。

 

無料で求人申し込みができるため、
個人病院や中小企業などの求人が多いのが特徴です。

 

また転職サイトではほとんどない
インテリアコーディネーターや家具職人などの
専門職求人があります。

 

目指す職種によっては求人検索する価値は充分にあり!

 

6.デジタル世界だけではない「求人広告」

できるだけ家の近くで仕事を探したい方や
サービス系職種、医療事務などを希望する方、シニア層の方は
新聞の折り込み広告やフリーペーパー、新聞の求人などをチェックしましょう。

 

7.人脈を利用する「知人の紹介」

人脈=ご縁を通じての転職は
あなたのキャリアや能力、性格をよく知った方からの
紹介であれば、ミスマッチにならないでしょう。

 

年齢や学歴、職歴数でエージェントや転職サイトで不利な方も
人脈を使っての転職であれば成功できる可能性が高くなります。

 

ただし、入社してからミスマッチとなった場合
紹介してくれた方とわだかまりにならないように
入社前の条件面や環境の確認はしっかり行いましょう。

 

8.自分を売り込む「企業HP」

好きなブランドで働きたい、など
入りたい会社が決まっている場合や
いいなと思った商品を製造しているメーカーがある場合は
その企業のホームページをチェックしてみましょう。

 

採用情報が掲載されている場合もあります。

 

採用情報がなくても
自分を売り込むチャレンジをしてみましょう。

 

ブランドや商品に対する熱意や思いがあれば通じる可能性は高いです。

 

まとめ

どの方法で転職活動をするのが効率的で
かつ転職を成功させる近道になるかは

 

あなたがあなた自身のことを分かっているかいないか、

 

が最大のポイントとなります。

 

希望条件は定まっているか、方向性は決まっているか、
自分の市場価値はどんなランクにあるのか、など
転職市場での立ち位置を把握した上で
あなたにとって最も効率的かつ効果的な方法を選びましょう。