賢い転職!損をしない転職のタイミング

賢い転職!損をしない転職のタイミング

転職にはタイミングがある!

転職をするならより良い転職をしたい!
当然、誰でもそう考えています。

 

損をしない、
自分にとってより良い賢い転職をするには
どんなタイミングが良いのでしょうか?

 

年齢、資格取得、求人など
あらゆる角度からの転職のベストタイミングを
お教えします。

 

1.転職年齢で変わるタイミング

転職は年齢によって、より良いタイミングがあります。

 

20代の場合

転職理由はそれぞれだと思いますが
できれば新卒入社3年後を目安に転職した方が良いでしょう。

 

入社1年ではまだまだビジネスマナーや
社会人基礎能力が足りない可能性があります。
どうしても転職する場合は最低でも1年経過後に考えましょう。

 

企業が20代で最も採用したいと言われている年齢は25歳から28歳です。
それは社会人としての基礎ができており、
かつまだ前職の企業に染まりきっていないからと言われています。

 

30代の場合

34歳までと35歳以降では
企業から求められるスキルが違ってきます。

 

一般的に若年者と言われる年齢は34歳までで、
35歳以上になると仕事に関するスキルはもちろん、
マネジメントスキルも求められることがほとんどです。

 

29歳、35歳など区切りがはっきり分かる年齢の歳は要注意です。

 

社会人経験年数を企業目線で見た場合、
今のあなたの年齢だと何を求められるかを考えて
転職のタイミングを逃さないようにしましょう。

 

2.チャンスを広げるタイミング

未経験職種にチャレンジするならばいつ転職するのが良いのでしょうか?
希望求人が少しでも多いのはどの時期なのでしょう。

 

少しでもチャンスを広げるタイミングについてお話しましょう。

 

通常、企業が求人数が増える傾向にあるのは
年度初めと賞与の前後と言われています。

 

3~4月、9~10月、そして1月と7月。

 

新卒入社、社内異動、ボーナス時期の退職……
人の動きがある時期は求人数が増える傾向にあります。

 

次に転職のタイミングでよく聞くのが
在職中に活動するのが良いか、
退職してからが良いのか、ということです。

 

在職中の転職のメリットは
収入が途切れることなく転職することができること。

 

退職してからの転職のメリットは
退職後、どれくらいの期間で転職できるかが未定ということ。
場合によっては長くなる可能性があります。

 

失業手当の給付がありますが、
収入が途絶える点と国民健康保険に加入しなければいけないという
デメリットがあります。

 

できれば、在職中から転職準備を開始し、
転職する方がデメリットが少ないでしょう。

 

3.金銭面で損をしないタイミング

転職活動において留意しなければいけないのは
可能な限り、金銭面で損をしないタイミングです。

 

まずひとつめはボーナス支給時期。

 

できればボーナスをもらって退職した方が損にはなりません。
ただ、そこに拘りすぎて
希望企業への入社という好機を逃さないように注意しましょう。

 

次に社会保険の問題。

 

社会保険料は月単位の計算となるため、
6月5日など月初や月中で退職した場合でも
6月1ヵ月分の保険料を支払うことになります。

 

また、6月6日から新しい会社に入社する場合は良いですが
次の会社への入社が7月1日となる場合は
6月分の国民健康保険、国民年金を支払わなければいけません。

 

退職日がいつになるかで保険料の支払いが変わることを
知っておきましょう。

 

また、年末に退職して次の予定が決まっていない場合は
自分で確定申告を行わなければいけません。

 

良い企業との出会いが一番大切ですから
出会いのタイミングを逃さずチャンスをGETし、
転職を成功に導きましょう!