エージェントの賢い活用方法3選

エージェントの賢い活用方法3選

エージェントの活用方法を知ることで成功に繋げよう

転職エージェントとは人材紹介会社で、いわば民間のハローワーク。

 

このエージェントを賢く活用することで
転職活動を非常に効率良く行うことができます。

 

元エージェントのコンサルタント経験者であり、
多くの転職希望者にアドバイスを行ってきた筆者が
エージェントの賢い活用方法を伝授します。

 

1.転職のプロの技を最大限活用する

エージェントを賢く活用するためには
第一のステップとして重要なことは
「コンサルタントを味方につける」ことです。

 

まずは第一印象です。

 

登録面談であなたの人柄、経歴などすべてをチェックし、
コンサルタントはどの求人を紹介すべきか判断します。

 

退職理由がネガティブだったり、
働くことに対して意欲的でないなどはもちろん、
時間に遅れる、服装が乱れているなど
ビジネスマナーができていないこともNG!

 

企業面接とは違うから、と甘い気持ちでいては
貴重なチャンスを逃してしまいます。

 

キャリア年数によって異なりますが
ベテランコンサルタントともなると
膨大な数の転職者と接し、成功事例も失敗事例も知り尽くしています。

 

職務経歴書の添削、面接へのアドバイスなどの
サポートを受けることもできます。

 

「そんな情報はネットでもあふれているから大丈夫」

 

いえいえ、エージェントが行う
職務経歴書の転職や面接のアドバイスは
一般的なものではなく、

 

あなたが応募する企業に対して個別に行うのです。

 

過去の事例から職務経歴書のどんな部分をチェックするか、
面接で何を聞かれるか、など
ピンポイントのアドバイスが得られるのです。

 

2.転職の知恵袋から情報を引き出す

エージェントは規模により差はありますが
幅広い業種の人事担当者から採用に関する情報を入手しています。

 

企業から求人依頼を受ける際に
効率良く求人にマッチした人材を紹介するために
募集背景、希望する人物像、スキルを詳細にヒアリングします。

 

これはエージェントが企業の目となって
求人にマッチするかどうかを見極めていく必要性があるからです。

 

また、大手エージェントでは長年にわたって企業と取引を行っており
エージェントを通して入社した方から
企業の風土や環境など生の声を聞くことができるのです。

 

また、登録者から受ける質問に対応するべく
コンサルタントは求人市場や経済動向についても把握しています。

 

そう、いわば「転職の知恵袋」と言ってもいいでしょう。

 

転職の知恵袋の情報を入手することは
個人の転職活動はできません。

 

エージェントに登録したら
コンサルタントとの信頼関係を築き、
情報提供を行ってもらえるようにすることが転職への近道となります。

 

3.コンサルタントとメンター的関係を築く

コンサルタントはボランティアで転職のサポートを行っているのではありません。
あくまでもビジネスとして行っています。

 

とはいえ、人と人。信頼関係が大切です。

 

転職の相談の中では家庭の事情など
かなりプライベートな話をすることもあります。

 

内定が出た後の給与交渉もコンサルタントに委ねます。

 

ビジネスとは言え、
「この方により良い転職をしてもらいたい」と
コンサルタントに感じてもらえることが大切です。

 

信頼関係が築ければ、転職活動もスムーズに進みます。

 

そして、そこで築かれた関係は
転職後もメンター的関係として継続するのです。

 

何らかの事情で次の転職の相談が必要になったり、
また転職を考えている友人を紹介したり……
人事として転職した場合は
ビジネス上での付き合いになることもあります。

 

最低限のビジネスマナーはもちろん、
信頼を得るために企業紹介に必要な情報は
包み隠さずコンサルタントに提供しましょう。

 

それが信頼関係を築く基本です。