資格があれば転職は成功する?資格と転職の関係について

資格があれば転職は成功する?資格と転職の関係について

 

資格が悩みを解決する?

現役キャリアコンサルタントの私がよく聞く相談は

 

「資格が何もないから転職できない…」という言葉。

 

資格がないと転職できないのでしょうか?
資格があると良い転職ができるのでしょうか?

 

その答えをお話しましょう。

 

1.資格があれば有利という訳ではありません

資格があれば、希望する職種や業界に転職できる、
転職を成功させることができる、と思いこんでいませんか?

 

逆に資格がないから書類選考が通らない、と
転職活動がスムーズにいかないことを
資格のせいにしていませんか?

 

資格があるだけで有利になる訳ではありません。

 

もちろん、業務独占資格など
資格を持った人しかできない仕事は別です。

 

何でもいいから資格を持っていたら
仕事に就くことができる、という考えは捨ててください。

 

スムーズにかつ満足度の高い転職を目指すなら
まず、どんな仕事をしたいか、
仕事に求めるモノは何か、

 

自分のキャリアの方向性を定めることから始めてください。

 

目標とする業界や職種に必要とされるスキルは何か。
自分の強みは何か。
それらを整理し、転職活動の準備をすすめましょう。

 

 

2.転職を失敗に導く資格とは?

資格があるがゆえに書類選考が通過できないこともあります。

 

◎Tさん(女性 30代)のケース

 

勉強するのが大好きで、好奇心旺盛。
資格欄には日商簿記3級、秘書検定、アロマセラピスト、色彩検定、
野菜ソムリエ、宅地建物取引士など

 

好奇心旺盛なのも勉強好きなのもいいのですが
転職歴も多く、職種の統一感もなかったことから
企業には「飽き性」に見えてしまったようです。

 

履歴書の資格欄が書ききれないほどいっぱい。

 

それはそれで素晴らしいことではありますが
応募する仕事に必要なのかどうかを考え、
資格が邪魔になるようであれば書かない選択もアリです。

 

そのことに気づかず、
応募し続けてもなかなか書類選考は通らない。

 

スムーズな転職活動を行うことはできません。

 

3.資格がなくても転職は成功できる!

資格が活きるのは実務経験を積んでから、
という職種がほとんどです。

 

例えば、
販売職であれば販売士、
事務職であればMOSなど。

 

もちろん、TOEICなど応募前の段階で自分の英語能力を
客観的に示すために取得するのはOK!

 

企業によっては資格取得のバックアップもあります。

 

資格を取得するために
転職活動のスタートが遅くなってしまうなら
まずは活動を始めていきましょう。

 

あなたが熱意を持ってやってみたいと思う仕事があるなら
その思いをカタチにしてみましょう。

 

あなたが思っているよりも
それまで築いてきたキャリアやスキルは
ずっとずっと輝いているものです。

 

働いてきた軌跡は必ず残ります。

 

今までやってきたことに自信を持ち、
次の仕事との接点を見出すことが大切です。

 

一人で見つけられないなら
キャリアコンサルタントに相談してみましょう。

 

第三者の目線であなたの魅力を見つけてもらうのです。