転職活動で回避するブラック企業の見分け方

転職活動で回避するブラック企業の見分け方

 

ブラック企業の見分け方は3つある

過労死やパワハラという言葉とともに聞く「ブラック企業」というワード。

 

転職するなら回避したいと思うのは当たり前!

 

どうやってブラック企業は回避できるのか?

 

とっておきの見分け方をお教えします。

 

1.転職サイトで見分ける

リクナビNEXTやマイナビ転職など代表的な転職サイトでは、
厳しい掲載基準が設けられています。

 

それでもすべてのブラック企業を排除するのは困難です。

 

では、どんな点を注意して見分ければよいのでしょう。

 

チェックポイントをお教えします。

 

掲載期間と求人掲載数

転職サイトは2週間~1ヵ月が平均的な掲載期間です。

 

いつ見ても常に掲載されていたり、
複数の転職サイトや同じサイトにいくつも掲載されている場合は注意が必要です。

 

仕事内容が分かりづらい

「ソリューション」、「企画」、「コンサルティング」など、
興味を引きそうな単語が並べられている場合は要注意です。

 

「新規開拓」、「飛び込み営業」、「受付での勧誘」などの言葉が言い換えられている可能性があります。

 

大量募集

飲食店でオープニングスタッフを募集する場合や、
新規事業を開始するなど背景が明確な場合をのぞいての「大量募集」は要注意です。

 

2.転職口コミサイトを参考にする

転職口コミサイトをご存じですか?

 

働きやすさ、就業条件、仕事内容など
元社員や現社員のリアルな声が投稿されているサイトです。

 

代表的な転職口コミサイトは

  • 転職会議
  • キャリコネ
  • カイシャの評判
  • Vorkers

など、口コミを閲覧するためには登録が必要だったり、
それぞれのサイトに特徴があります。

 

転職口コミサイトは社員にしか分からない情報が得られるなどのメリットもあります。

 

しかし、感情的に書かれている不平不満もあり、
どこまで信ぴょう性があるのかは分かりません。

 

すべてを鵜呑みにせず、
「こんな考え方もあるんだ」程度の参考にしましょう。

 

3.転職エージェントを利用する

確かな企業情報を得られる上に、転職支援サービスも無料で受けられるのが「転職エージェント」です。

 

登録にくる求職者から在籍している企業のことをこと細かに面談でヒアリングします。

 

大手総合型エージェントの場合、
実績数からいっても蓄積している情報は数知れません。

 

また、取引実績がある企業の情報も、エージェントを通して入社した方から得ています。

 

人事担当者とも密接な関係を築いているので、
社風や人事制度についても多くの情報を持っていると言って良いでしょう。

 

エージェントの企業情報が信頼できる理由は、
情報ソースが確かであるということ。

 

エージェントの活用は効率的な転職活動にも有効です。

 

「転職口コミサイトの活用」、
「転職エージェントの利用」、
「転職サイトの求人をしっかりチェックする」
という3つの方法でブラック企業を回避しましょう。